看護師の腰痛対策をトレーナーが考えてみた|香芝のパーソナルジム

香芝市磯壁のパーソナルジムENRICH GYM 香芝の須田雅人です。

当ジムに通われている看護師のお客様から「腰が痛いのでシップを貼っています」とコメントを頂きました。
深く聞いていくと、看護師のほとんどの方は腰痛持ちで腰痛ベルトをしたり、シップを貼ったりしているそうです。
職業病といわれるくらいの腰痛に対してパーソナルトレーナーが何ができるかを考えてみました。

看護師がパーソナルトレーニングでできる腰痛対策【姿勢チェック】

「腰痛には○○!」とSNSやYoutubeに流れてきますが、一番大切なのはその人がなぜ腰痛になっているかをチェックすることです。
骨盤の前傾後継、傾き、胸郭の可動性や股関節の可動性を評価することがポイント。
反り腰で、股関節内旋の方に、腹筋が大事だといってクランチをやらせていても悪化するだけです。

ENRICH GYM 香芝では、POSログという姿勢チェックアプリを使って姿勢を可視化します。その後に、お客様のお体にあわせてストレッチポールやストレッチを取り入れて、まずは、固まった体を緩めていきます。

骨盤の位置や柔軟性にあわせた個別のリラクゼーション&トレーニング

ストレッチポールなどのツールを使って緩めた体に、今度はトレーニングで締めて強化していきます。
筋肉、体の使い方、血流などを鍛えることは、仕事中の腰痛対策になります。

とくに重視すべきはインナーユニットと言われるコアの筋肉です。腹横筋、多裂筋、骨盤底筋、横隔膜の4つで構成されているユニットで、連動して働くことで最小限の労力で、体を動かせる無駄のない状態になります。
具体的なトレーニング内容は、デッドバグ、ハイニー、バックアーチ、スイングストレッチをすることが多いですが、お客様の状態によってメニューを変えています。

香芝で腰痛のお悩みがある方はENRICH GYM 香芝へ!長時間作業を耐え抜く筋力をつけよう

ENRICH GYM 香芝には、体力をつけたい、体を楽に動かしたい、なおかつ綺麗な理想の体でいたいという医療従事者の方も多く通われています。

腰に負担のかかるおむつ交換作業、代謝に悪影響がでやすい夜勤ありのシフト、短い休憩時間などハードな環境の中でも変わりたいというお客様のご要望をお聞きして実現可能なサポートをしています。

ぜひ一度、無料カウンセリングにお越しくださいませ。あなたに合った最適なプラン、期間をご提案します。

PAGE TOP
Top PAGE TOP