ダイエット中の糖質を食べれるタイミングとおすすめの食材を紹介

ダイエット中はお米、麺類、イモなどの糖質を食べられないと思っている方をまだまだみかけます。当ジムに来られるお客様もSNSや広告の影響で糖質制限をし体重が落ちた経験から「糖質を抜く=ダイエットに良い」と捉えている場合も多くあります。

しかし、糖質を抜くことは、体にガソリンを入れないのと一緒です。そして、長らく糖質を体に入れない生活をしていると糖質を消化吸収する能力が衰えます。能力が衰えれば、糖質を食べても上手く代謝できないので、体重も増えるし、活力もでてきません。

ダイエット中でも糖質を食べよう

ダイエット中でも糖質は、食べてほしいです。食べる量を調整すれば、問題なく体重・体脂肪は落ちていきます。食事が問題だとした場合、ダイエットで成果がでない方の食事内容は①食べ過ぎ➁食べていないのどちらかです。

糖質を食べるおすすめのタイミング

糖質は、エネルギーになります。そのことを踏まえると、運動前後(トレーニング前後)に固めて食べるのがおすすめです。運動前の糖質補給は、運動するためのエネルギーとなります。運動後の糖質補給は、体を回復させるためのエネルギーとして使われます。

なので、食べた糖質が体脂肪にならずにうまく体の中で働いてくれます。

おすすめの糖質を紹介

商品裏面の栄養成分だけをみて、カロリーだけをみて、食材を選んでいませんか?パンや麺類などの小麦製品から多くの糖質を摂っているとリーキーガット症候群になる恐れもあります。

また、いまの食材には、どんな育て方で出来上がったのか、何が含まれているかはよくわかりません。添加物まみれの日本ですが、なるべく添加物や加工物、人工甘味料の少ない食べ物を選ぶのが将来の病気リスクを考慮すると安全だと私は考えています。

おすすめの糖質源:白米

糖質の定番は、白米でしょう。小食な方、低代謝な方は、少量からでよいので白米の食べる量を増やしていきましょう。

体重はもちろん増える可能性はあります。でも、この体重増加を乗り越えないと一生糖質を恐れた生活になりますし、代謝は上がってきません。

ちなみに、糖質を食べて体重が増えるのは、ある意味で当然です。なぜなら、糖質1gにつき水分3gを体にため込むからです。体重が増えた=太った訳ではないのです。

おすすめの糖質源:十割そば

そば粉には、食物繊維やタンパク質が多く含まれています。十割そばは、小麦が含まれていないので、そば粉の栄養素を満遍なく得ることができます。

おすすめの糖質源:フルーツ

フルーツには、糖質も含まれますし、ビタミン・ミネラルが多いです。ダイエット中でも簡単に食べられるフルーツとしては、リンゴ・バナナ・キウイあたりでしょう。年中問わず食べれるので、食材選びは困りませんね。

PAGE TOP
Top PAGE TOP